• ケミルミネッセンス法(化学発光)とは

    ケミルミネッセンスとは「化学反応において、反応系の分子が励起状態から基底状態になる際に生じる微弱な光」のことで、この光を検出する方法がケミルミネッセンス法です。
    ケミルミネッセンスはケミカル・ルミネッセンス(Chemical Luminescence:化学発光 )のことで単にケミルミ (CL)とも呼ばれます。ケミルミネッセンスは非常に微弱な光のため測定装置は他の光検出装置に比べて超高感度となります。
    弊社のケミルミネッセンスアナライザ(CLAシリーズ)は人の眼には見えない非常に微弱な光を測定する装置で、 物質からの発光をフォトン(光子)のレベル(50光子/cm2/sec、蛍の光の一万分の一程度の光、10-14wattレベル) で捉える事が出来る、世界でも最高感度クラスの微弱発光検出装置です。

     

    2018年1月 ケミルミネッセンスアナライザーを活用した測定方法のJIS化が決定しました。

  • ケミルミコラム

    高分子 高分子というのは言葉と通りだと「高い」と「分子」ですね。 ちょっと理科の復習です。物質の基本構成は原子です。 もっと言えば原子を構成するのは原子核と電子。これの数によって原子の種類も違います。誰でも聞いたことがある、水兵リーバなんとかという歌です。原子核の数が少ない順に水素、ヘリウム、リチウム、ベリリウムと続き現在100個近くの原子があります。 それでこの原子が合わさったものが分子となります。水素分子は水素原子が2つ合わさったものです。結合とも言います。記号だとH2ですね。なんで結合するかというと、基本的にはその方が安定するからです。酸素分子も酸素原子が2つ結合したもの。水分子は...
    ケミルミ入門,高分子とケミルミ
    東北電子産業製のケミルミネッセンスアナライザ―は、目には見えない光がどれくらいサンプルから出ているかを計測できる世界最好感度の微弱発光測定装置です。 目には見えないってどれくらいの光かというと、なかなか実感できる表現はありません。 蛍の光の1/10,000とか仙台港の灯台の光をアメリカ西海岸で見るほどの光などの表現もありますが、どうでしょうピンときますでしょうか。 それでは自分が完全暗室に入ったとイメージしてください。通常の暗室だとしばらくすると目がなれて周りがおぼろげに見えてきます。完全暗室とは30分くらいたっても、まったくの暗闇のことです。以前、この完全暗室の中に装置を持ち込んで測定...
    More Posts
    All Posts
    ×